ビーチボールについて

ビーチボールは、昭和53年に富山県朝日町で考案さたスポーツです。
ルールはバレーとほぼ同じ。1チーム4人で、柔らかくて変化の楽しめるボールを使い、3回以内で相手のコートにかえせばいいのです。ネットの高さは180cmなので誰でもネットごしにアタックが打てて楽しめます。
男女を問わず、20代から50代までたくさんメンバーが日進や東郷のコートで活動していて、その中には全国大会で優秀な成績をおさめるチームも、健康のために汗を流すチームもあります。

 日進市スポーツセンター定期発行誌 2013.5.25 Vol.3号に掲載
 


 
優勝杯を手に萩野市長に喜びを報告する選手の皆さん
 4月9日 ジャパンカップビーチボール女子優勝 ベルデ リバティ

 3月7、8の2日間、奈良県天理市で開かれた「第21回ジャパンカップビーチボール選手権なら・まほろば大会」に出場した日進市のチーム「ベルデ リバティ」が、女子40歳以上の部で見事優勝し、選手たちは9日、日進市役所を訪れ、喜びを報告した。 
 ベルデの全国制覇は、2年ぶりで通算3回目。主将・上原雅子さん、浅井美香さん、村岡美香さん、伊藤弥生さんの4名が訪れた。 
 チームは昨年10月、愛西市であった県大会で準優勝し、全国大会への切符を手に。大会には、全国16都道府県の256チーム、約1200人が参加。男女別の18歳以上から60歳以上まで、計10部門で熱戦が繰り広げられた。 
 ベルデは決勝で、前回大会で対戦して破れた東京都荒川区の「C-lover」と再び激突。第1セットを奪われた劣勢スコアを、持ち前の集中力と粘りで逆転し、優勝杯を奪還した。 
 上原さんは、「あきらめず拾い続けるプレーで、何とかリベンジを果たせてうれしいです。練習を楽しんで、来年の岩手大会でも連覇したいです」と笑顔で報告。萩野幸三市長は、「皆さんの『勝ちたい』という強い気持ちが生んだ結果。これからもいい汗を流し、ますます活躍してください」とたたえた。 

平成27年4月9日


  平成24年4月18日 午後1時30分

 3月24、25の2日間、富山市で開かれた「第18回ジャパンカップビーチボール選手権富山大会」に出場した日進市のチーム「ベルデ リバティ」が、見事女子40歳以上で初優勝を果たし、選手たちが18日、市役所を訪れ喜びを報告しました。
 優勝メンバーは、いずれも40代の主将・上原雅子さん、浅井美香さん、内田敦子さん、村岡美香さんの4名。大会には、全国17都道府県の320チーム、1639人が参加。男女別の18歳以上から60歳以上まで計10クラスで争われました。ベルデは決勝で、東京都文京区のチーム・ティップ・トップと対戦。第3セットで2対7の劣勢スコアを持ち前の集中力で大逆転し、栄えある優勝杯を手にしました。
 上原さんらは、鮮やかな紫色のユニホーム姿で来訪。「技術と粘りで何とか優勝できてうれしい。練習を楽しんで次も連覇したい」と、笑顔で報告しました。
 このたびは、悲願の全国初制覇、誠におめでとうございます。皆さんの『勝ちたい』という強い気持ちが勝った結果。これからも皆さんでいい汗を流し、ますますご活躍いただけることを心よりお祈り申し上げます。

平成24年4月18日  日進市長 萩野 幸三

 2013年(平成25年)10月7日(月曜日)中日新聞朝刊掲載